総量規制で追加借入ができない場合銀行系金融機関へ乗り換え。

消費者金融で借入をしている方でどうしても追加で借入を受けたいのにも拘らず借入を断られた場合、その方は総量規制という制限を受けている可能性があります。総量規制というのは年収の3分の1以上の借入ができないという決まりです。しかし、借入希望者の方の中には状況によってはどうしても追加で借入をしなければならない切迫した状況もあるかもしれません。そんなときは銀行系の金融機関でローンを取り扱っている会社への借り換えを検討しましょう。消費者金融の会社は貸金法という法律に準じて運営しているのに対し、銀行系の金融機関は銀行法という法律に準じて運営しています。総量規制で年収の3分の1を借入限度としているのは貸金法であり銀行法では適用されていません。つまり、消費者金融の会社で総量規制によって現状の借入額以上のお金が借入できなかったとしても、銀行系の金融機関であれば現状の借入額以上のお金を借入できる可能性があるのです。ただ、銀行法も年収の3分の1という総量規制が無いというだけで、借入限度額については利用者の所得や返済能力などを加味して厳密に算出します。その為、返済能力を遥かに超えたお金を貸してくれるというわけではないので誤解しないようにしましょう。